検査→診断

日記 comments(0) - neko-tomo

さて、病院に着いて、受付を済ませて・・

大混雑の中、割とすぐに呼ばれ・・^^;

 

先生曰く・・

あまり思わしくない状態なので

さらに詳しい検査を重ねていくので

この日は1日拘束されるつもりでいて欲しい、

早急の入院が必要となるはずなので

検査が間に合えば今日中の入院を、と言われました。

 

そこから怒涛の検査でした!

そして検査は間に合わず(笑)その日は帰宅し

翌日の朝一番から午前中いっぱい使って更に検査でした

 

診断は突発性の「視神経炎」

原因は不明

 

眼科ってこんなに検査あるの?!ってくらい

色々写真を撮ったり、あっち見たりこっち見たり

チカチカしたものを見せられたり(笑)

注射打ったり、色々したんですが、

悪いところがないそうなんです。

 

血流、網膜、眼圧、焦点の合わせ、などなど、

MRIで血管のつまりや浮腫(ガン?)の有無も見て・・

キレイだったそうです(←これは良かったんですけどね)

 

ので消去法?で、眼の機能は大丈夫なのに

脳に伝えられていない・・視神経の炎症・・だと。

そして私には分からない医学用語でしたけど

視神経炎で見られるナニガシの特徴もあったようです

 

それ以外にこの病気の大きな?特徴の1つが

多くの場合で原因不明なんだそうです。

 

と言うことで、その日の眼科の医局にいた

部長先生をはじめ、全ての先生が勢ぞろいして

各先生が目の症状を見てくださり、

(研究か?勉強会か?(笑))

検査結果でケンケンガクガクと

話し合ってくれました。

 

そしてこの日、そのまま入院へ

 

・・続く!

 

参考までに・・視神経炎→こちら

 

自覚!

日記 comments(0) - neko-tomo

最初に違和感を感じたのは3月20日(火)

この日の仕事は1年の中でもかなり忙しい日なんですが

いつものようにチャッチャカと入力して(笑)

どんどん仕事を終わらせていました。

 

中盤から終盤に差し掛かった頃に右側からもらった書類を

上手く受け取れなくて、アワアワしたり

後半には入力のための数字をうまく書類から拾えなくて

あれ?とは思っていたんです・・・

 

でも1週間前に眼科で検眼を受けたばかりだし

流石に今日は疲れた?酷使したか〜とか思っていました。

 

3月22日(祝)

朝から目が霞む〜とは思っていたんですが、

10時くらいに主人と車で買い物に出た時に

「あれ?流れる景色が変?」と思って

片目づつ目を隠してみてみたら

なんとビックリ!

右目の視界が半分ほど真っ暗!

 

帰宅した後、休日診療している眼科を探し午後に受診してみました。

 

この時、診断はつきませんでした

この時点で判断するのは危険なので

出来るだけ早急に大学病院のような大きな病院で

精密検査をするように言われ

紹介状をいただきました。

 

3月23日(水)まずは出勤!←働き者だわぁ〜(笑)

朝が忙しいんですよ!ので、やることをやりながら

その間に病院の予約センターへ電話をかけました。

 

繋がった時点で当日予約はほぼ無理と言われたんですが、

症状、状況を説明したところ、直ぐに来院するよう言われ

ただ祝日明けで混雑がひどく、何時になるかわからなとのことでした。

1時間後に早退し、長時間待つこと覚悟で病院へ。

 

この時点では右目の視界は4分の1くらい。

視力はほぼ無しの状態でした

(明るい場所はあるけど、焦点が合わない・・感じです)

 

・・・続く!

ビックリでした!

日記 comments(0) - neko-tomo

 

今日から新年度ですね〜

おめでとう!( ◠‿◠ )の方、いっぱいですね

 

さて、それなのに!ちょっとクラ〜〜いお話を^^;

そして長くなります!

自分でもこんなにビックリ!したのは久しぶり!!

ということがありました。

 

突然「右目」が見えなくなりました。

 

いえ、全く見えなくなったわけではありませんが

一番ひどい時には夜の寝室でフットライトがついているだけ・・

自分の指先が何本か見えない・・

みたいな状態でした。

 

すぐに病院へ行って、治療を開始したので

今は最初は測定不可能だった視力が

視力検査の一番上が見えるようになり

(元の視力は0.6くらい)

明るさも、夕暮れにそろそろ入る頃かなぁ〜

になりました。

 

突然・・と書きましたが、先生に説明されて

兆候は色々あったようです^^;

ただの疲れ目・・だと思っていたんです

 

目は2つあるので、上手に見える方の目で補っていたようです。

で、限界〜〜!となったんでしょうね

 

今は治療のおかげでどんどん見えるようになって来ていますので

大丈夫です

ただ完治?はちょっと遠いそうなんです。

で!せっかくのこの貴重な体験なので

私自身の備忘録を兼ねてなんですが

皆さんにもお披露目しようかと^^;

 

明日から数回に分けて順を追って経過をアップしていくつもりですので

こんなこともあるのね〜

みたいに読んでやってください

・・・続く!

春爛漫♪

日記 comments(2) - neko-tomo

すっかり春になりましたね〜♪

あちこちで桜の便りを見かけますので

私もすっかりその気になって桜のある公園へと足を伸ばしました〜

上野恩賜公園や千鳥ヶ淵のように有名処ではないので

人もまばらで、ハラハラと落ちてくる花も拾って

のんびり歩いてきました。

花壇も整備されていました

宴会用の広場もあって(笑)場所取りの人もチラホラ・・

スカイツリーも臨めて・・

公園までの途中の遊歩道にはこんなヒトたちもいて(笑)

みな春の日差しを楽しんでいました〜

 

プラド展とブリューゲル展

日記 comments(0) - neko-tomo

上野に行ってきました。

国立西洋美術館で開催中の「プラド展」

こちら

東京都美術館で開催中の「ブリューゲル展」

こちら

どちらも上野の公園内ですので

一気に足を運びました

 

プラド展はベラスケスの作品を目玉?に

豪華なラインナップでした

スペイン王家所蔵の絵画が多いので

当時の王家の肖像画も多く、豪華な衣装

室内の様子なども楽しくみてきました。

 

ブリューゲル展はブリューゲル一族の歴史?ってほどではありませんが

歴代の一族の人たちの絵画の進展?発展?の様子とともに

こちらはフランドル、今のオランダですね、の絵画ですので

先に見たスペインのプラド展の絵画とは全く違う趣でした。

まるで精密画のような細かさ。

絵のサイズ自体も小さめでしたが

その中にみっしりと書き込まれた!という感じの細かさです

 

そそ、バベルの塔の絵もありました

思わず「ちっさ!」(笑)と。

 

一気に見てしまったので、今頭の中は少し混乱中ですが(笑)

ブリューゲル展は4月1日までですので

ご興味のある方は早めに行かれた方が良いかと思います。

 

プラド展では自分お土産を購入( ◠‿◠ )

スペインのお菓子2種類

 

大きな丸で十字?が付いている方が

タルト・デ・サンティアゴ

見た目から硬めの焼き菓子かと思っていたんですが

アーモンドプードルとほんのりシナモン風味のしっとりした

少し懐かしい感じのする柔らかい焼き菓子でした。

 

3つ入っている紙に包まれているのは

ポルポロン

こちらもアーモンドプードルとシナモンなどを主原料に

ボロっぽろに焼いたクッキー?の方なお菓子でした。

こちらは口の中でぼろっと崩れて溶けるよう!

「幸福のお菓子」とも呼ばれているようで

口の中で無くなる前に3回「ボルボロン」と唱えられれば

幸せになれる?だったかな、と書いてありました。

 

この2つのお菓子は二子玉川のマヨルカ→こちら

というお店で作られたもののようです。

 

さて上野の駅もあちこち新しくなっていました。

私は地下鉄を使用して行ったのですが、

駅ナカ?が充実し始めていました

 

それから駅のホームもホームドアが設置されていました。

パンダ柄!さすが上野ですね!(笑)

 

春になったら今度は桜を見に行きますかね〜〜♪

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM