フィレンツェーウフィツィ美術館ー映画

映画 comments(0) - neko-tomo

映画「フィレンツェ・メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館」を

見てきました→公式サイト

 

イタリア、フィレンツェの美しい街を3D映像で立体的に見ることができました

3D映像、実はちょっと嫌だなとか思っていたんですが

ええ、乗り物酔いみたいになったことがあったので(^_^;)

でも今回は激しく動くようなものではなかったせいか

すごく綺麗に見えて

技術の進歩?なのか、とても良かったです

 

TVでやっている「美の巨人たち」の映画版!

というのが一番わかりやすいでしょうか?

ナレーションも小林薫さんだし。

 

メディチ家とフィレンツェとの深い関わり合いや

ウフィツィ美術館の素晴らしさを

刻々と教えてくれました(笑)

 

こう言った特集の良いところは

普段遠目でしか見られない美術品をアップで

詳細までしっかり見られるってことですね

解説付きだしっ!

面白かったです

 

でもやっぱり現物が見たい、生でっ。

イタリアーフィレンツェーウフィツィ美術館

何度でも足を運びたい場所の1つですよね♪

 

 

映画ーラストタンゴー

映画 comments(0) - neko-tomo

「ラストタンゴ」という映画を見てきました。

公式サイト→こちら

 

初めて見るアルゼンチン映画

ドキュメンタリーというところにも心惹かれて

楽しみにしていました。

 

主人公?は伝説のペアダンサーと呼ばれる2人

50年もペアを組んでいたというから驚きです

それも夫婦でもなく。

 

最初は恋人?としてスタートしながらも

途中憎しみ合い、別れたりしながらも

お互いがベストなダンスパートナーだと・・

 

も〜、愛憎ドロドロでした(^_^;)

 

映画全般、女性側の視点が多いから余計にそう感じたんでしょうが

 

今よりもさらに男性中心の社会の中で

盲目的に付き従った男性パートナーに裏切られ

それでも信じ、結婚等の一般的な女性として幸せを放棄し

最終的にダンサーとして自立する・・

後悔、寂しさ、諦め・・

その上で幸せという強さ

 

相手男性の今のちょっと情けないような姿よりも

女性の方が自分に納得した幸せを掴んでいるように見えました。

 

ペアを解消した後は全くお互いに会うこともなく

別々にタンゴのお仕事をされているようです

 

自分の幸せはどこにあるのか・・

人生って・・・

というお話でした。

 

見所ですが、私的には女性の足!(笑)

いやもう見事な脚線美!!!

美しかったです

タンゴって情熱的なダンスですが

その表現を足が担っているんじゃないかってくらい

表情豊かでした。

 

それからペアを解消する直前に日本で公演をするんですが

その時の映像も流れます。

でその時の司会が声だけだったので不確かですが

「三雲さん」ではないかと・・・

賛同する方がいらっしゃったら是非ご一報を(笑)

 

あっ、ドキュメンタリーだけあって

ちょっと淡々としていて、

起承転結も曖昧で・・わかりにくいところもありました

ので、見に行ってみるかなぁ〜という方は

そこら辺、ご覚悟を(笑)

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM